私のTatting記録
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / -
腕が筋肉痛でシャトルが握れません。
 昨日は自宅の修理を手伝ったのですが、運動不足がたたって、夕方には筋肉痛になり腕が上がりませんでした。夕食も作れず、息子に買いに行ってもらいました。

アメリカでは自分たちで家の修繕を行うことは普通で、大型のホームセンターにはプロ用の資材が売られています。

今回私が担当したのがペンキ塗り。腕を左右に延々と動かしながら作業をしたら筋肉痛。

これほどの筋肉痛は久しぶりでした。



今日はやっとタイピングも出来る程回復したので、ネットをしています。


今日は日本から娘が帰って来る日なので、アメリカ料理でもつくろうと思います。何が食べたいのだろう???







- / comments(4) / trackbacks(0)
スポンサーサイト
- / - / -
Comment








お疲れ様でした!!!
腕があがらないほどの筋肉痛って・・・^^;
自分たちで家の修繕をするって、いいですね〜
物を大事にする、長く使う
ますます、愛着がわく感じがしますね。

追伸
ブックレビューを見て、ついポチってしちゃました(^^ゞ
from. つつみ / 2011/07/09 10:03 AM
つつみさん、コメントありがとう。

家の修繕は本当に多くのアメリカ人は自分でするのですよ。
友達のご主人が最近、フローリングをしたそうです。出来上りを見せてもらったのですが、とってもきれいでした。
我が家は全部屋カーペットなのですが、本当はフローリングが良いのです。やってくれないかな?

追伸:どの本を買ったのですか?ちょっと気になります。

from. Tan / 2011/07/10 10:27 AM
ポチった本は、↓
Tatting: 60 original lace treasures
作られたのをみたら、ムズムズ。
新しく作られたのも、そそられます〜♪
(しかし、掲載してある写真は・・・残念なので、
見ると、気持ちが萎えてしまって・・・
Tanさんのを見ながらつくろうかな〜と思ったり((^^ゞ
できたら、UPしますね〜。(と宣言しておきます(笑))
from. つつみ / 2011/07/13 1:12 PM
こんにちは!つつみさん

本当にこの本は作る気が起こらない写真だと思うのですよ。何が悪いのか?繊細さがない気がします。
写真が男らしくないですか?
作ってみるとそうでもないのですが・・・

掲載されている写真は実物大なので、そこは良い点かな。目安になるからね。

では楽しみにしています。
from. Tan / 2011/07/13 2:06 PM
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://tatting.jugem.jp/trackback/238