私のTatting記録
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / -
正方形ドイリー P26 『 Fall 』

25cm×25cm DMC#30

やっと出来上がりました。
この大きさでたったの4周。最後の1周がとっても時間がかかりました。
本では、2〜4周のパターンをもう一度繰り返しており、もう少し大きなドイリーになっています。
このドイリーの名前の通り、たくさんの葉っぱがある感じですね。
なかなか気にいっています。

テクニックとしては、葉っぱの中心のロングピコがなかなかうまい具合に長さが合わないとちょっとたるんでしまってよくなかったです。また、前にも書いたリングの上にリングを作る方法、なかなかうまく出来なかったのですが、だんだんコツをつかんでうまく出来るようになりました。

最後の方になってくると、次は何を作ろうか??とそわそわしてしまって、集中力が欠けてしまいました。
色々悩んだ結果、『TATTING from burda』から次は作る予定です。お楽しみに。
A Tatting Adventure / comments(2) / trackbacks(0)
4周目に入りました。
『 A Tatting Adventure 』P26 "Fall"を作っています。

やっと4周目に入りました。

2、3周目は面倒なパターンだったけど、シャトルのみで作るので、リングばかり。
結構なれたら簡単でした。でも、あいだに渡る糸の長さをそろえれなかったので、ちょっと見せられない作品になってしまいました。

4周目はもう根気!!!。リング(3目×4)とチェーン(3目、ピコ、3目)がメインのパターンなのです。シャトルから出ている糸の長さが変わるので、とっても作り辛いです。みなさんはいちいち巻き直していますか??私はAERO(ボビンタイプ)を使っているので、毎回ボビンをくるくるしています。だからなかなか進みません。

それに1周がとっても長いので、果てしないです。
このドイリー、正方形なのですが、やっと1辺終わったとこ。でももう糸を変えています。1周が終わるまでに何回糸を巻き直しなのだろう??予想では5回ぐらいかな?

パターンは4周までなのですが、2周から4周までのパターンを繰り返せるので、根気があればどんどん大きく出来るようです。でも私は4周目が限界かな?だって、他の作品を作りたくてもううずうずしているのです。
あと3辺終わるのに、1週間ぐらいかかるかもしれませんが、完成しましたら、アップしますね。

では、みなさんもがんばってTattingしてくださいね。
A Tatting Adventure / comments(0) / trackbacks(0)
2周目に取りかかったけど、やり直し。
『 A Tatting Adventure 』P26 "Fall"を作っています。

2周目のなぞが分かり、2周目に取りかかったのですが、全部やり直し。

まず、作り方ですが、リングの上にリングを作るところでつまずいたのですが、方法は、まず下のリングの半分をして、クローズ(残りの半分の分を開けて)。
普通に上のリングを作り、最後に残りの半分をSplitで目を作る。
普通のシャトルの動きが出来ないので、手前から輪の中から糸を引き出してシャトルをループにくぐらせる。今度は反対側から輪の中から糸を引き出し、シャロツをループにくぐらせる。これでダブルステッチ一目分が出来ました。

最初にリングをクローズするときの輪の大きさがきれいに出来るか左右されますね。

一周で12カ所このテクニックをつかなければいけないのです。

今日、一周終わって、じっくり観てみると、だんだんと上手にできているのですが、最初の方は全然ダメです。それに、周囲の長さが緩んでいるので、どうしてだろう??と思ったら、リングの目数が違っていました。2目を4回のところ、3目を4回していました。これではまったくダメなので、全部作り直し。

でも、今度は上手に作れると思うので、良い練習になったと思います。

でも、まだまだ先は長い!!!がんばろっと!
A Tatting Adventure / comments(2) / trackbacks(0)
2周目が出来ない!!!(力量不足)
『 A Tatting Adventure 』P26 "Fall"を作っています。
やっと1周がおわり、2周目に取りかかろうと思ったら、テクニック不足で作れません。
どういったパターンかと言うと、1シャトルだけで作るパターンで、基本は、リングつなぎなのですが、むずかしいのは、リングの上にリングのパターン。
これをマスターしないと2周目が作れないのです。むずかしいRing on Ring が12カ所も!

どのようにやったら出来るのだろう????何度やっても失敗です。
ご存知方教えてください!!


このドイリーですが、題名にFall(秋)とあるように、葉っぱがイメージの作品です。
ロングピコをたくさん使い、小さなリングが多いので、1周を作るのにも時間がかかりました。
まだまだ先は長そうです。
A Tatting Adventure / comments(0) / trackbacks(0)
ドイリー P32 『 Snow Crystal 』


サイズ 19cm DMC #20

やっぱり新しい本が届くといろいろと作りたくなりますね。
この本からはむずかしそうなので、手をつけたくないな!と思っていたのですが、簡単そうな物から作ってみる事にしました。

今回の作品、本では#30を使うとなっていましたが、#20を使いました。
やっぱり#20は太いですね。とっても大変でした。
特にむずかしかったのは大きなリング(8×6目)。ピコは3種類の長さがあり、少し長過ぎたようですね。大きいし、ピコで糸をたくさん使うので、何度も輪を大きくしなくてはいけませんでした。(分かります??この意味)
作り方には、一番長いピコはダブルステッチ8個分と書かれており、そのように前回買ったピコゲージを使ったのですが・・・・・。ちょっとたるんでいますよね。

パターンとしては、3周で仕上がるドイリーだったので、結構速く作れてよかったです。次回は#30で作ってみたいです。
A Tatting Adventure / comments(2) / trackbacks(0)
#100 & #20 の糸を使ったドイリー


この本、とっても作りたいのですが、見ているだけでむずかしそう。
もう少し試し編みをしてから作品に取りかかりたいと思っています。

この本の中で、P20 『 Eglise 』はとっても変わっていて、#100 & #20 の糸を使ったドイリーなのです。全部で9周するのですが、1、2、5、6周が#100。3、4、7、8、9周が#20なのです。

とっても作りたいデザインなので、まずは#100の糸を調達しなくては!!

そして、編んだ事がないからまずは#100を使って、練習をしないといけない!!!!!!!。

ホントに、やりたい事がいっぱいです。
A Tatting Adventure / comments(0) / trackbacks(0)
A Tatting Adventure ~by Ben Fikkert


ページ数:32ページ
作品数:13作(エッジング4、ドイリー9)エッジング、ドイリーはモチーフごとに表示されているものも多く、いろいろ使えそうです。
言語:英語
値段:12ドル
テクニック:ウェーブステッチ


こちらの本がLacisから届きました。

ちょっとむずかしい本にチャレンジしてみようと選んだのですが、本当に上級用でした。

多くの作品に使用されているテクニックは、ウェーブステッチ、ロングピコやスペースをとって、糸だけ(編んでいない)空間が多い作品などなどです。

ロングピコや空間を作る糸渡しには、サイズが書いてあり、それは、ダブルステッチの何個分という書き方をしています。糸のサイズが変わっても対応出来ますね。

図解付きで、編み記号も簡単なので、とっても分かりやすいです。

作ってみたいなと思える作品が何作かありました。
まずは小さな物から作って、ウェーブステッチや空間の取り方をマスターしたいと思います。

A Tatting Adventure / comments(2) / trackbacks(0)